講師・スタッフ紹介

実技講師

袖長 省二

袖長 省二(そでなが しょうじ)

京都市立芸術大学 日本画専攻卒

 美術を学び、もの造りを目指すには、学習の上で、2つのポイントがあります。ひとつは「美」には理(コトワリ)があることを知り、その理を自らの造形作品表現に生かすことと、もうひとつは「術」(ワザ)の習得であり、一つ一つの基本となる作業を丁寧におこない、またその作業を何度も繰り返して体得することが大切です。つまり、くり返しの修練が必要であることです。芸大を目指す受験生に、「美の理」を理解することと、「術」の習得を効率的に指導したいと考えています。

佐渡 一清

佐渡 一清(さわたり かずきよ)

金沢美術工芸大学 油画専攻卒

 大学受験、特に芸大・美大では実技試験が課せられますが、この勉強をすることは、一人の人間からすれば、自分の未熟さ、能力のなさ、精神力の弱さなどを克服するのに、厳しいけれど心躍る経験になるきわめて貴重な機会といえます。高校生などの若い方にとっては、大学入学後も生きた精神が養われます。
 滋賀彦根駅前校は、金沢美術工芸大学、愛知県立芸術大学、京都市立芸術大学などの地理の交差点にあって、全国レベルのあらゆる芸術・美術系大学入試に対応しています。 − できない人をできる人へ −受験生の学ぶ姿勢に誠実に応えていくのが京都アートスクールです。

坂口 庄平

坂口 庄平(さかぐち しょうへい)

京都造形芸術大学 映像芸術コース卒

 充実した導入、指導、講評と同時に、切磋琢磨できる環境を準備することもアスクの役割のひとつだと考えています。関西には多くの美術/デザイン/工芸などを学べる大学や、高等学校があります。また、国公立の芸術系大学への進学を考えた場合も、その選択肢は少なくありません。近年、アスクには全国から講習を受講する生徒や、下宿をして通学する生徒が増えてきています。多くの仲間がいる環境はすぐれた芸術教育を実践する上で極めて重要な要素となります。美術にこめられた多様性を知ることと、その中から共通項を見つけだすことを、生徒たちは日々教室で行い試験へ向けてそれぞれの感性を磨きつづけます。アスクは、講師からだけではなく、仲間から、そしてこれまで在籍した数多くの先輩の作品からも学ぶことのできる予備校です。

上杉 宏嗣

上杉 宏嗣(うえすぎ ひろつぐ)

京都市立芸術大学 日本画専攻卒

 受験生にとって、大学受験は「自分の力で乗り越えなければならない、今まで生きてきた中で一番大きな壁」であると思います。私は京都市立芸術大学をめざし、2年間浪人したのですが、受験生時代、実技が本当に下手でした。人の10倍は時間を掛けないと、理解出来ない、技術が上達しない不器用な生徒でした。 だからこそ、描けない人の気持ちは人一倍分かっているつもりです。必ず第一志望の大学や高校に合格してもらえるよう「丁寧に・分かりやすく」、「時間を掛けて」一人一人に指導していきたいと思っています。アスクでの日々が、皆さんにとって実りのあるものになるよう、全力でサポートします。
かけがえのない、受験時代を、一緒に頑張っていきましょう。

原田 昌典

原田 昌典(はらだ まさふみ)

金沢美術工芸大学大学院 彫刻専攻 修了

私は、受験生の皆さんに、夢、もしくは野望を持って欲しいと思っています。
皆さんが抱いている夢・野望からすれば、大学合格というのは通過点にすぎません。しかし、そこをどう通過していくかは、非常に重要な問題だと私は考えています。受験時に学んだ事は皆さんの芸術に対する考え方の基礎となります。芸術にこれから長く携わっていく皆さんには、受験に合格するためだけの表層的な技術習得の指導でやりすごすのではなく、受験課題の中で問われている実技の本質的な問題、ものごとを思考するための根本的な方法を伝えていきたいと考えています。それが受験を突破するための力になり、さらには大学進学後、その先の皆さんの活動の中で迷った時に壁を打ち破る力になるはずです。一緒に頑張りましょう。

田和 篤

田和 篤(たわ あつし)

東京造形大学 絵画専攻 卒、
グラスゴー美術学校 大学院課程 Master of FineArt 修了

 東京での長い浪人時代、多くの師から実技を享受し、そして仲間と出会いました。その後海外で美術を学び、そこで得た経験と出会いがこの血肉となっています。そして思い返せばいつの時も、師とは乗り越えるべき存在でした。
デザインや美術は自由表現ですが、受験には受験のルールがあります。関西には関西、関東に関東、海外には海外のルールがあります。表現を目指す人は、まずそのルールを学びに来てください。そしていずれ、そのルールに窮屈さを感じて欲しい。窮屈だと感じることはつまり、その経験があなたを成長させ、一表現者たらしめた証拠なのです。

武田 まりん

武田 まりん(たけだ まりん)

東京藝術大学美術学部 絵画科日本画専攻卒業

 絵を描くこと、ものを作ること。それは想像しながら創造することだと私は考えています。その想像力・創造力を、受験生にはこの予備校時代に養っていってほしいです。大学に入ってから、またその先の大学を卒業したあとも、この予備校時代に培われた経験というのは大きくものを言います。美術のことはもちろん、それ以外にもさまざまな物事に目を向け、関心を持って、頭をフル回転させて制作してください。その経験・訓練が、表現者として だけでなく、人として大きく成長できることに繋がります。その考えるきっかけや、新たな視点を探りながら、そしてもちろん技術面でも、共に勉強し努力しながら、さらに一緒に成長していきましょう。

片岡 渡

片岡 渡(かたおか わたる)

武蔵野美術大学大学院 日本画コース修了

 私にも予備校生だった時期がありました。関東で浪人時代を過ごしました。今思い返すとなんてシンプルで恵まれた時間だったでしょう。その当時は辛い事も多かった様に思いますが、とにかく目の前に立ちはだかる問題、または講師に立ち向かい、一つ一つクリアして行けば良かったのです。こんなにシンプルでストイックな期間は、人生を通してそうそうありません。これから美術大学を志す諸君、短かく貴重な時期を、より充実したものになるよう、全力でサポートしますので、全力でぶつかってきて下さい。

川道 美里

川道 美里(かわみち みさと)

京都造形芸術大学 洋画コース 卒業

京都アートスクールでは、合格のためだけの技術ではなく、大学を卒業した後の制作にもつながる技術と考え方を指導しています。日々の制作の中で、作品の出来栄えや評価に一喜一憂してしまうこともあるかもしれませんが、こつこつと課題に取り組み続けることで、必ず実技力は身に付きます。苦しいことも多い受験勉強ですが、学ぶことに一生懸命になれる貴重な時間でもあります。合格に向けて一緒に頑張りましょう。

各分野ごとの専門講師が多数在籍しています。

● 仲山 佳菜(なかやま かな)

多摩美術大学 日本画 卒

● 寺村 利規(てらむら としき)

京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻(洋画) 修了

● 麻美子(たかやなぎ まみこ)

多摩美術大学大学院 博士前期課程 絵画専攻修了
ミュンヘン国立芸術アカデミー 修了

● 大田原 桜子(おおたわら さくらこ)

京都市立芸術大学大学院 絵画専攻(油画) 在

● 明石 依子(あかし よりこ)

京都造形芸術大学 美術工芸学部 卒

● 小菅 奈未(こすが なみ)

金沢美術工芸大学 美術工芸学部 油画科 卒
京都教育大学大学院 教育学研究科 美術教育専修 修了

● 山本 舞(やまもと まい)

成安造形大学 洋画科 卒

● 北川 咲(きたがわ さき)

京都市立芸術大学 美術科 在

● 堀 奏太郎(ほり そうたろう)

京都市立芸術大学 美術科 在

● 小形 栞(おがた しおり)

京都造形芸術大学 日本画 在

● 小木曽 登(おぎそ のぼる)

金沢美術工芸大学大学院 日本画専攻 修了

● 瀬田 美晴(せた みはる)

京都市立芸術大学 美術科 在

● 小塚 ゆり子(こづか ゆりこ)

多摩美術大学 絵画学科 油画専攻 卒



学科講師

■英語(読解) 松宮 和子(まつみや かずこ) 先生

■英語(文法) 竹田 えり(たけだ えり) 先生

■国語(古典) 吉浦 隆司(よしうら たかし) 先生

■国語(現代文) 溝渕 幸枝(みぞぶち ゆきえ) 先生

■国語(古典) 福岡 将(ふくおか しょう) 先生

■数学 佐々木 孝(ささき たかし) 先生

■理科 西村 泰治(にしむら たいじ) 先生

ほか、豊富なセンター試験指導経験を持つ講師が在籍しています。
基礎からセンター試験本番まで、丁寧に指導します。




教務

堀井 彩生

堀井 彩生 (ほりい あい)

大阪市立大学 法学部 卒 ※学科主任

 受験生として学んでいく上で、1年間という期間は長いようでとても短く感じるかもしれません。 このあっという間に過ぎてしまう1年間をいかに過ごすかが、1年後の皆さんの喜びに繋がるかどうかにかかってくるわけですから、 闇雲に受験対策をしていくわけにはいきません。 そこで私たちアスクは受験生の皆さんの良きペースメーカーとなって、 実技の面からも学科の面からも全面的に合格までサポートしていきたいと考えています。 どんなことでも相談してください。 合格後の自分の姿を常に思い浮かべながら一緒に頑張っていきましょう。

大西 隆尚(おおにし たかなお)

京都アートスクールは京都と滋賀に教室がありますが、生徒は関西だけでなく全国から集まっています。またaskには、インターネットを利用したNET通信実技コースもあります。askの特徴として、NET生だけでなく通学生にも、インターネットを利用して制作課題の内容やポイントなどを確認できる「課題サイト」を用意しています。日々の指導だけでなく、課題サイト上にも多くの情報を掲載しています。自宅や学校など、ask外で課題に取り組む時にきっと役立ちますので、ぜひこれらを活用して下さい。校内でも校外でも、一つでも多くの事を学び取れるよう応援しています。

松川 貴紀

松川 貴紀 (まつかわ たかのり)

絵を描くことが好き、物作りが好きなど、「好き」を得意にすることに躊躇しないで下さい。あなたの感性は学びによって何倍にも可能性が広がります。好きなことに夢中になると時間が短い、足りないと大人はよく呟きます。早期から学ぶことで目標到達は可能になります。早くスタートすることが大切であると気づいてもらいたいです。
京都アートスクールは「自己発見」できる環境が整っています。教員・講師から個別に作品指導が受けられる模試や授業で「自己発見」の機会はあります。今の自分を超える。そして目標に向かって努力する。ぜひ一緒に自分の可能性を追求しましょう。あなたの入学相談をお待ちしています。

中山 萌

中山 萌 (なかやま めぐみ)

私が受験対策のために本格的に絵を学び始めたのは高校二年生の春休みからでした。絵を学ぶことは楽しかったですが、同時に自分の技術や知識の足りなさに不安を感じることも多くありました。私は、支えてくれた家族がいたからこそ、この厳しい受験期を乗り越えられたと思っています。不安や失敗を乗り越えて前に進むことができれば、おのずと道が開けてくるはずです。自分を信じて努力を続けてください。そして、悩みや不安があるときはいつでも私たちを頼ってください。アスクではスタッフが実技・学科の両面から皆さんをサポートします。私たちと一緒に頑張っていきましょう。

中尾 朋美

中尾 朋美 (なかお ともみ)

学ぶことに集中できる時間というのは人生の中でそう多くはありません。時間は自ら作り出すもので、皆さんはその時間を作り出したのですから、目一杯使い、楽しんで下さい。そしてその先にあることを手に入れるため力を尽くして下さい。私自身もまた学びの渦中にいます。一緒に頑張っていきましょう。

河野 さつき

河野 さつき (かわの さつき)

※京都 北大路駅前校担当

 大学では仏教福祉学科を専攻し、主に社会福祉の勉強をしていました。私が大学へ進学しようと思ったのは、高校2年生の時に障害者自立技術教室という場所へ行き、社会福祉の講習を受講したのが大きなきっかけでした。
私の座右の銘は、一期一会です。その理由は、障害を持って産まれたお陰で色んな性格の人達に逢えたことです。そういう環境を与えてくれた両親には感謝しています。
京都アートスクールでは、画材の発注などをしています。学生の皆さん受験ではやってきたことが自信につながることもあるし、不安になる時もあると思います。でもそんな時こそ周りを頼って下さい。私も影ながら、応援しています。

● 神田 真次(かんだ しんじ)

京都造形芸術大学 情報デザイン学科 イラストレーションコース 卒



■電話によるお問い合わせ、質問はこちら

京都 北大路駅前校 滋賀 彦根駅前校 京都駅前七条校(本部) 一般美術教室 こども造形表現教室 京都アートスクール NET通信実技センター 京都アートスクール お問い合わせ