資料請求

志望校に合わせて選べる3つの講座志望校に合わせて選べる3つの講座

京芸補強京芸補強

対象
  • 京都市立芸術大学志望の受験生

実戦対策実戦対策

対象
  • 国公立大学受験予定の受験生
  • 私立芸大受験予定の受験生
  • 総合型選抜、学校推薦型選抜を受験予定の受験生

対面指導対面指導

対象
  • 金沢美術工芸大学 学校推薦型選抜 、愛知県立芸術大学 総合型選抜の受験生
  • 多摩美術大学、武蔵野美術大学 総合型選抜・学校推薦型選抜の受験生
  • 東京藝術大学 一般選抜、先端芸術表現科 個人資料ファイル制作など

国公立大学志望、 関東私立大学志望の皆さまへ

秋は「併願先の関西私立芸大の実技型試験直前」であり、「“第二志望の国公立大学” “関東私大” の対策にじっくりと取り組める時期」でもあります。冬は大学入学共通テスト直前です。そして共通テスト後からは第一志望対策の仕上げの時期となります。受験までのスケジュールを考えると、冬までの間にいかに時間を有効に使うかが合格の決め手となります。申込書裏面のカレンダーを使いながら、実技対策だけでなく、共通テストの勉強も含めた計画を立てましょう。

関西の私立芸大を志望の皆さまへ

秋は「体験授業型の試験真っ只中」であると同時に「11月の実技型の試験直前」でもあります。集中力が高まるこの時期、実技の力は飛躍的に伸びます。各大学の実戦課題を制作し合格を勝ち取りましょう。体験授業型の試験を受験する受験生も10/24(土)、25(日)の関西私立芸大実戦実技模試を含めた計画を立て、観察力と表現力を高めましょう。大学入学後のことまで見据え、実技と向き合うことが大切です。

オンライン授業について

コロナ禍の影響や、授業時間変更などで思うように実技対策ができておらず、スクールに通うことが難しい方に向けて、新しい授業スタイルとして、2種類(Aタイプ,Bタイプ)のオンライン授業をご用意しております。

Aタイプ「教室授業一体型」
教室の授業をリアルタイムで配信。

教室で行う授業を「YouTube Live」で生配信します。導入や講評を教室の生徒と一緒に受けることができます。
※京芸補強はすべてこの形式で行います。
※成安造形大学の特待生選抜・給付奨学生選抜<実技方式>など多くの生徒が対策している課題もこの形式で行います。

Bタイプ「双方向個別対応型」
講師と生徒による双方向型授業。

無料アプリ(もしくはブラウザ版)「Microsoft Teams」を使い対話型の授業を受けることができます。
※体験授業型の受験対策はこの形式で行います。
※そのほか、国公立大学、私立大学問わず、受講者が少人数の実技型の受験対策もこの形式で行います。

授業の流れ授業の流れ オンライン授業についてオンライン授業について

時間の有効利用が合格へのカギ時間の有効利用が合格へのカギ

3つの「できる」がポイント!

POINT 1

ひとりひとりに合った対策ができる

それぞれの志望校や、状況に合わせて講座を選ぶことができます。講座を組み合わせることで、自分に合った対策スケジュールを立てましょう。受講講座や受講数に関してわからないことがあるときは、面談を通して相談することができます。京都アートスクールの生徒以外の方もお気軽にお問い合わせください。
また、はじめて「オンライン授業」をお申込みの方には、事前にオンライン面談を行います。「YouTubeLive」の視聴方法や、「MicrosoftTeams」の使い方についても事前面談にて説明を行います。

POINT 2

事前に課題がチェックできる

京都アートスクールHP上で、京芸補強の課題( 全13課題)を公開しています。事前にチェックして、申込の際の参考にしてください。

課題一覧課題一覧

POINT 3

1講座から受講ができる

1講座から申し込むことができます。1講座は6時間となります。各自のスケジュールや状況に合わせて講座数が選べます。まとめて受講する場合は「秋の特講カレンダー」でご確認下さい。
→パンフレットをお持ちの方は、p.6の表をご覧ください。

秋の特講カレンダー秋の特講カレンダー

申込について申込について

必要に応じてダウンロードして下さい

WEB申込はコチラWEB申込はコチラ

申込の注意事項

申込方法

教室での直接提出/郵送/ FAX(申込用紙にご返送の上、送信してください。)/ HP の申込フォームのいずれかでお申込みください。